• 03-3264-1521

本スイッチは、接続機器可視化機能(DMS:Device Management System)によってLAN内の見える化を実現します。DMSは本スイッチ向けに開発された画期的な新技術で、DMSの使用により本機配下のLAN上にあるデバイスを有線に接続されている機器はもちろん、仮想マシンからモバイル端末まですべて一目で確認することができます。

また、本機は仮想LANや各ポートの動作設定、スパニングツリーといったL2スイッチの機能やスタティックルート、DHCPサーバー機能といったL3スイッチ機能を有しているので、本格的なネットワーク管理も行えます。

 

 特徴 

 

ネットワークの見える化により、簡単にネットワークの監視を実現

DMS(接続機器可視化)機能によって、LAN内のネットワークに接続されている機器を認識し、簡単にネットワーク構成を確認、監視することができます。それにより、ネットワークトラブル時の問題の切り分けや、不正に接続された機器の発見を容易に行うことができます。

PoEオートチェッキング機能により、システムの可用性が向上

本機から給電している機器に対して状態監視を行い、フリーズ等で反応がなければ自動で給電を一旦停止し、再度給電を開始することで、機器の再起動を行う設定ができます。

Switch2goにより、外出先からネットワークの監視が可能

モバイル端末(iOS または Android)の専用アプリにより出先等からSB-GS1800シリーズへログインを可能にし、これによりLANの内の監視、管理を行うことができます。
※動作確認済デバイスはこちらに記載しております。

 

 仕様 

 

ハードウェア仕様
10/100/1000 Mbps RJ-45 ポート数 8
GbE RJ45/SFP 切替ポート数 2
合計ポート数 10

 

パフォーマンス
スイッチング帯域幅 20Gbps
フォワーディング性能 14.9Mpps
MACアドレス登録数(最大) 8K
Jumboフレーム 9,216Bytes
電源 AC 100 – 240 V, 50/60 Hz
最大消費電力 154.8W(PoE使用時)
ラックマウント ○(ラックマウントキット別売り)
本体外形寸法(H×W×D)(mm) 44×220×242
重量 2.3 ㎏

 

PoE仕様
IEEE802.3at (PoE+ 30W) 対応
IEEE802.3af (PoE 15.4W) 対応
PoEポート数 8
最大供給可能電力 130W(装置全体)/30W(1ポートあたり)

 

動作環境
動作時の温度/相対湿度 0 ~ 45 ℃ / 10 ~ 90 % (結露がないこと)
保管時の湿度/相対湿度 – 20 ~ 70 ℃ / 10 ~ 90 % (結露がないこと)

 

 ダウンロード 

 

 

 オプション 

 

  • 追加保証(4年)
  • SFPトランシーバ
  • ラックマウントキット